ホーム レッスン 費用 生徒の声 Q&A 新着情報 アクセス

良い声 出るで

ボーカル(歌う時の)基礎知識


 

≪声が抜けているか≫
頑張って歌っている時には叫び声になって喉声や胸式の声になります
(各音の発音にこだわって発音を強くしている時も声が抜けない。ブツケになってしまいます)

歌唱しながら確認しよう
◎呼吸については「始めは前、終わりは後ろ、結果が良ければ上へ」「音が下がってもオナカは下ろさない」これは確実にしておかないと呼吸がうまく出来なくなります

1.発声では喉声を出していないか。…呼吸・姿勢の面から指導した方が近道
2.表現はアクセント・単語分けであるが、単語分けに重点をおく
3.歌い出しの声が喉声の場合、大概は歌い出しの前に喉を一瞬絞めて発声するパターンが考えられます
(これだと呼吸の吸い方が腹式でも、歌い出すと胸式になってしまいます)
4.音程が悪いケースも呼吸に原因がある場合があります。支えが弛むとフラットになります
5.声が弱くなってしまう殆どの原因は呼吸にあります
6.一番、出来ていて貰いたいのは呼吸の下腹の持ち上げであります

腹式呼吸と言っても下腹を上下に揺らすクセをつけると、横隔膜の支えを不安定にしてしまうクセがついてしまうので気をつけましょう。腹式呼吸は下腹を上下に揺らすことではなく、下腹を持ち上げながら筋肉で支えることです。支える力を抜くと自然に下腹は下がり、同時に空気も自然と肺の中へ入ります

ボーカルにとって歌うということは、呼吸(下腹の持ち上げ)・発声(鼻腔通し)・表現がバランス良く出来ていて歌えていることが理想です。

 

ボーカルの基本をしっかり習おう!

 


(C) Sense & Voice Co.,Ltd. All rights reserved.