ホーム レッスン 費用 生徒の声 Q&A 新着情報 アクセス

教室風景

[良い発声から良い歌唱へ]

 

センス&ボイスの指導システムです。これは専門の指導者の立場から見ている説明のため、非常に細かくてなかなか理解しにくい部分もいくつか出てくるとは思いますが、宜しければ参考の為にその一部をご覧ください。
ここでの指導項目の説明は「良い発声から良い歌唱へ」にリンクしています。

≪内容≫ 良い発声から良い歌唱へ

良い発声とは・・・
良い発声に必要な条件→(1)姿勢 (2)呼吸 (3)声が上へ抜けて前へ (4)頭部へ共鳴 (5)喉開けで胸部共鳴

[(1)姿勢 (2)呼吸]がクリアされている段階での精度の高い発声と歌唱法の指導です。

練習方法
ここでは「フーン」という普段何気なく口に出す言葉(リアクション)を使います。「フーン」を言うと鼻腔から頭部へよく抜けた声が出ます。意地悪そうに言うと尚更です。これは「声が抜ける」というより「声が通る」といった方が感覚的に理解しやすいのかもしれません。「フーン」の声は鼻腔から上へよく通り、抜けています。≪意地悪の言い方は意地悪をする相手がいるから前向きの声≫になります。意地悪度が強いと顔を上向けます。するとスピードが早くなります。この通り方を発声に応用すると、前記の良い発声に必要な条件の純度が高くなります。

「フーン」と同じ発声をハミングでします
上の歯と歯茎の境目に舌を軽く当てるとハミングになります。「フーン」・「n ―」を二つの間のプレス(息継ぎ)はしますが、間を置かずに続けます。ある程度出来るようになったら、今度は音程つきでもしてみます。ムリをしない範囲で、出来るだけ音域を広く練習します。※「フ」を強く発音すると喉声になってしまって抜けません。

「フーン」を音程つき[ Na− ]で練習
ハミングで「n 」の後にすぐ口を開けます。最初は「ナアー」と発音してしまいがちです。絶対に発音しないで「口を開けるだけ」にします。

「na―」で発声練習
「ドーミーソー」を「na―na―na―」で。※ドミソの各音に「n」があるようにする。このことで次の音の準備ができることを指導します。音域は中央A音から始めて半音ずつ上へ、可能の範囲で無限にします。
「Maも口を軽く閉じてハミングして、口を開けるとMaになるので、Mのタイミングで次の音を準備する」ということで鼻腔の音を大切にして発声練習をします。

歌に応用して歌う
「Na ・Ma」以外の発音の内、「Ya・Ra・ Wa」は同じようにできそうです。「Sa・ Ka・ Ta」などはその子音のタイミングで「n」に相当することをすることになります。

よりハイクラスの歌唱力のために
「n」や他の子音の「n」の相当分の長さと抜けるスビードにより[言葉のニュアンス] [アタック ] [リズムの立ち上がり]などの微妙な表現の変化ができ、歌唱力・表現力がアップします。

言葉のニュアンスについて
例えば『ずっと』の「ず」は子音の相当分が長く、スピードはゆっくりになっています。歌う時にも同じようにして歌うと言葉のニュアンスがよく出ます。『出る』の「デ」 『立つ』の「タ」などは短く早い方が自然です。テンポが早くなってもそれなりに長さとスピードを的確にすると言葉のニュアンスが出ます。

アタックは短くスピードを早く
相対的には短く早いのですが一定ではなく、リズムと言葉のニュアンスで微妙な変化をつけられることがあり、より高度の歌唱力になりましょう。
※アタックと大きい声とを混同したりします。直してあげる必要があります。そしてアタックだから強い声にしようとします。しかし結果としては≪強い声イコール大きい声≫になってしまいます。強い声には聞こえません。

リズムの立ち上がりで切れを良くする
前に書いたようにアタックは子音の部分を短く、しかもスピードをその強さに応じて最高にまで早くします。各音の切れを良くするには各音をそれぞれの音に見合ったスピードにすると各音の立ち上がりが良くなり、リズムの切れが良くなります。
※このようにすると言葉・リズム・フレーズがきれいにできるようになります。あくまでも歌う人の感性でします。ここは「どのように」などと決めておいてすると固く冷たい歌になってしまいます。歌う人本人のイメージ作りとその感性でするべきことです。

歌唱力アップの道を作ってあげるのがボイストレーナーの最終目的であると考えます。

 

その他の指導項目へのリンク

リズム合わせ

初心者の基礎指導

喉を開ける・喉開けの方法・喉開けの声・歌への応用

歌の覚え方 フレーズを感じて歌う

呼吸・発声指導・鼻腔通しの指導内容

歌う時の口の開け方・口形

声帯の柔軟体操

基本が全部できた上での歌い方の基礎指導



(C) Sense & Voice Co.,Ltd. All rights reserved