ボイストレーニング・スタジオ センス&ボイス
(有限会社センスアンドボイス)


階名の発音および発声練習

〜歌唱時の口形も含む〜

 

 私達はあんがい階名について無関心ではないでしょうか。ことにその発音に至ってはまことにおそまつな人が多いのには驚きます。よい発音は音程の確実な把握のために必要な事です。
  ド レ ミ ファ ソ ラ シ (日本)

  Do Re Mi Fa Sol La Si (イタリア)

 Do(ド)ひとつにしても、下あごをできるだけ下げて、咽喉の奥を開くことが大切で、横隔膜にキチンとひびくようにしたいものです。おうおうにして、下あごが落ちないため、呼気がいたずらに漏れることがあるので十分注意しましょう。

 Re(レ)RはLとよくまちがって発音されがちですが、La Le Li Lo Luの子音の舌尖を巻いたのが Ra Re Ri Ro Ruである。つまり江戸っ子口調でベランメエ調巻舌にしたRがそれで、舌の先を、硬口蓋に軽く触れさせ、断続的に規則正しく回転させてつくります。日本人ではなかなかむずかしいですが、なれることが必要です。この場合もうひとつ注意しなくてはならない点はe母音です。下唇が横によく伸びないとe母音自体が暗くなると共に、せっかく巻いた舌尖がうまく巻き込まないという欠点となって現われる。案外そのような人が多いから、まず巻舌の前に、上下唇をずっと両横に伸ばす運動をすべきでしょう。

 Mi(ミ)日本語の「ミ」と同じく発音するが、Reと同じく下唇を両横に伸ばすことが大切です。その場合口形および顔面は「笑ったときの状態」でなくてはならなく、さらに下唇に劣らず上唇を両横にのばすことを忘れないようにしましょう。ただしそのために音質が異なることがあってはいけません。その点は十分留意すべきです(つまり、音がひしげたり、濁ったりしないようにする)。

 Fa(ファ)日本語のファとは少し異なり、上歯を下唇に重ねそのままの状態から無声擦音をだすと共に瞬間的に「ア」母音に移行する。その際「ア」母音は思いきって下に落すことが大切です。あごのつけねの筋肉が未発達のため、下あごがうまく落ちず、したがって、「a」母音が暗くなりがちになるので十分気をつけましょう。そして「a」母音がよく横隔膜におちて響くように練習する。

 Sol(ソ)これはスペルを見ればすぐわかるように、"So"は日本語の"ソ"と同じであるが、語尾の"l"は舌の先を硬口蓋の前方、つまり上歯つけねの裏側に触れ、舌の両側より自然にいきが流出するようにして発音する。その場合「R」のように巻舌にならないように注意するべきです。故に呼気量は「R」程多くは必要としない。「ソール」となる。要するに「l」は日本語の「ル」luのように舌尖を前に持ってきた、と考えて発音すればだいたい間違いはないです。

 La(ラ)前述の「Solのl」の発音状態に「a」母音が続いた、と考えてよいでしょう。舌を巻かない「ラ」と見てよいです。だだし舌尖は上歯のつけねに軽くぶつかります。

 Si(シ)厳密にいえば日本語の「シ」ではなく、サ(Sa) ス(Su) セ(Se) ソ(So)のSの子音にUI母音を続けたのがイタリア語のSiです。スゥイ(SUI)と発音するとみてよいです。この場合(I,イ)母音はMiの場合と同じく下唇を両横にずっと伸ばすことが大切です。そして上唇から顔面にかけて、やはり笑ったときの表情になるように留意しましょう。

 

みなさまのご意見・ご感想をお待ちしています main@sense-voice.co.jp

 


[HOME]
ボイストレーニング・スタジオ センス&ボイス
名古屋・大阪・東京


(C) Sense & Voice Co.,Ltd. All rights reserved.