ホーム レッスン 費用 生徒の声 Q&A 新着情報 アクセス

 

日本語の歌の母音の特徴と子音との関係

 

 

[母音の特徴]ア→エ→イ→オ→ウの変化と口の中の部位(口開け・唇・舌)の関係

基本になるのは「A」母音の口形作り…頬・下顎の力を抜いて指2本分口開けをします。
「口の形を見て縦横の直径を比較しましょう」…[横2:3縦] [上歯2本が見える]状態が良いです。上唇はやや突き出すと声が明るくなります。これを基本にして他の母音へ移ります。

「 AEAE 」 A→E で口の中の部位はどのように関係するか?⇒舌が盛り上がる。日本語の 「E」 は口を横開きすることもあるが、標準は舌先が下の歯に軽く触れ、下の奥が少し盛り上がります。

「 EIEI 」 E→I で I の母音の特長を知ること、口開けが少なくなります。つまり口はやや閉じます。
ここで大切なことは、口を完全に閉じないこと、歯と歯は指の爪を噛む位にすると声が良く出ます。

「 AOAO 」 A→ O で O の口形を覚える。開き方は同じ。唇が変わる。すぼめる。「突き出す」が少し有った方がこもらず明るい声になります。

 

子音とは

「ナ」の子音は何か。ローマ字では「NA」になります。
各子音には口内のどの器官を使うか(唇・舌・顎・息)各子音を発声しながら、どの器官を使っているかを考えてみましょう。

例えば「NANANAと3回言ってNのためにはどの道具(舌・唇・など)を使っているか」軟らかい子音「NA」「MA」「YA」「RA」「WA」を分析して理解・実感しましょう。

「NA」 N 舌を上顎(上歯茎の上)でN(鼻音)を発してから下歯の裏側へ放す。NAが連続する時は口を開いたままでも連続できます。本当は舌だけでできます。口開け不要です。

「MA」 M 人によっては「唇を開いて閉じる」と言うことがありますが、「閉じて口の中に息の圧力をかけてM(鼻音)を発したてから唇を開く」の方が正しいでしょう。強い発音の時は圧力を強く、軟らかい発音の時は圧力を弱くします。こうすると発音のニュアンスが出せます。どの発音にも共通しています。

「YA」 Y これはどの道具も使っていないと思われます。「A・Ya」を言うと分かります。はっきり使い分けはしませんが、何かが違うことが分かります。そしてY=イの口形です。従って「ィア」と発音すると「ヤ」に聞こえます。「ィ」のために舌や唇が関係していることに気がつきます。

「RA」 R 巻き舌1回をする位です。しかし巻き舌1回が、むつかしい人が半分くらいいます。この場合は、知識として知っておくくらいにします。巻き舌1回程度も舌を上へ持って行かない発音もあるようです。下歯の裏に舌を付けたまま口の開閉で発音していることもあります。

「WA」 W 「ゥワ」であること位にとどめておきます。強く特殊な子音 「K」「S」「T」「H」などの発音 歌の場合には強調する位に発音した方が言葉がよく伝わります。

「KA」 K たとえば「カラタチの花が咲いたよ」の歌い出しでK(破音)がマイクに乗る位にすると良いでしょう。

「SA」 S S(擦音)は、はっきりさせます。「咲いた咲いたチューリップの花が」のサの擦音を強調して歌うと練習になります。

「TA」 T 破音タテトとチツは発音が異ります。チ・ツがはっきり発音できない人はチ・ツが人の名前として「立て!チとツ」というとチとツを強調して言うので、発音練習になります。

「HA」 H 上アゴの摩擦音で声は少ないので、大きい声にしようとすると失敗します。声より言葉に気持ちが乗ることを大切にします。

他には「ガ・ザ・ダ・バ・パ・キャ・シャ・ミャ・チャ・などもあります。汚い子音はより汚く発音した方が良い。ナマヤラワ以外の発音。古代から言葉はあったでしょう。言葉の発生はいつ頃でしょうか。言葉には発音の硬い・軟らかいの組み合わせがあります。「軟らかい・・・ヤワラカイ」などは軟らかな発音が組み合わされています。・・・いかにも軟らかい感じがします。これに反して「固い」「馬鹿」などは硬くて汚い発音が組み合わされています。このことから、「汚い発音はより汚く発音した方が良い」と言えます。

 

子音と母音との関係

子音と母音の割合 発音は、「子音が言葉の基礎になり母音が声になる」とも言えます。子音と母音の比率によって、発音のニュアンスが変わります。本来の言葉によりこの比率が決まっていますが使い方によっては変化します。異常に声を大きくすると言葉ははっきりしません。反対に声を少なくした内緒話の時には、声は小さくても言葉がはっきりします。歌の場合は最適な比率を使うべきです。

各子音を強く・弱く・軟らかく立ち上げさせる方法
子音から母音への立ち上がりによってニュアンスが出せます。立ち上げを早くすれば強くなります。逆に立ち上がりをゆっくりすれば軟らかくなります。立ち上がりの時の発声のスピードによっても強さ・声量が変わります。ためしに、各子音をしっかりして、フレーズごとに歌ってみましょう。子音をしっかりして歌詩を言ってから、歌を歌ってみます。今までと変わります。

 

 

日本語の特徴に伴う呼吸と発声

日本の歌的シーンについて

 


(C) Sense & Voice Co.,Ltd. All rights reserved.