ホーム レッスン 費用 生徒の声 Q&A 新着情報 アクセス

レッスン風景

腹式呼吸の入門


 

腹式呼吸の仕組みって?

腹式呼吸は簡単にいうと、吐くとオナカがへこんで 吸うと膨らみます(本当は違いますが…)。では、実際にオナカを前後に動かしてみて下さい。 凹ます時は*S−と言って、息を吐いてみましょう。次に軽く口を開けたら自然に息が吸えてオナカが膨らみます。

ここで質問です。「吸うとオナカが膨らむのはどうしてでしょうか?」

お腹の中に息が入るから…?では、吸った空気はどこへ入るでしょうか?吸った空気は肺へ入りますね。そして、肺と心臓は大事な臓器 だから肋骨に囲まれています。なので肺は横には膨らめません。だから肺は下・横の方に膨らみます。肺の底板が横隔膜です。だから上から押された内臓が オナカを下や外へ押します。だからオナカが膨らみます。では、吐くとオナカが凹むのは、どうしてでしょうか?今は意識的にしているので凹ましたから息がでたという事で考えて下さい。 凹ましたから押された内臓が上へ上がって、下から横隔膜を押し上げたので息が出たのですね。

今の事を踏まえてもう一度実践してみて下さい。結果として内臓が上へ上がりましたか?次は、吐くと凹む位置はどこでしょうか?

上(胃の辺り)真ん中(おへその辺り)下腹 正しいのはどこ? 上を凹ますと内臓は下へ、真ん中を凹ますと上下に分かれます。

正解は下腹です。

では、実践してみましょう。 オヘソをペコペコしてみましょう。オヘソは真ん中だからダメですね。だから、この感覚は今限りにして今後はしないようにしましょう。 今度はオヘソより下へ、下腹に向けて神経を下ろしていきましょう。その下腹を凹まそうとしてください。凹みませんね。凹むというより、 ただ緊張しただけの感じですね。それだけで内臓は上がっています。では、上がっている証拠を感じてみましょう。 緊張した感じを一瞬に弛めて下さい。「ハイっ!」下腹が落ちることが分かります。ということは緊張したと感じるだけで内臓が 上に上がっていたことになりますね。

では、落とす(下ろす)を繰り返して上下運動ができるようにしましょう。下腹を持ち上げながらSーと吐き舌で止めて下腹を弛める。吸おうとしなくても 自然に吸えています。持ち上げながらS-を3回単位でしましょう。連続すると息が苦しくなり、ムリに吸って胸式になることがあります。 何回も連続してすることは避けましょう。

*S−=「スー」という口の形で息を吐きます。

(センス&ボイスのブログ(NO.294)評判の良いボイストレーニングレッスンより抜粋)

 

吐く息と吸う息について

腹式呼吸の練習は息の吐き方に意識を集中しましょう。

息は、吸ったり吐いたりの連続です。吸えば吐きたくなり、吐けば吸いたくなります。同時に声が出る時も吸ったり吐いたりの連続で、通常は息を吐く時に声が出ます。

声を発する時には必ず息も吐かれています。息を吸う時は瞬間です。発声している時の息を使う時間的を計ってみますと圧倒的に吐いている時間の方が長いのです。つまり良い声が出るという事は、いかに上手に息を吐いているかに比例します。

吸う事よりも息の吐き方に意識を集中して練習する方が、発声することへの注意にもつながるので、合理的に練習が出来るのです。

 

腹式呼吸は健康にもプラス


(C) Sense & Voice Co.,Ltd. All rights reserved.