ボイストレーニングの教室
ボイストレーニング・スタジオ センス&ボイス
(有限会社センスアンドボイス)
ホーム レッスン 入会費用 生徒の声 Q&A

センス&ボイスのブログ(NO.281)


2015/12/14 「表現力」に影響のある「感性」を高める方法

 

前ブログ "(NO.280)歌う時、話す時、その表現に必要なのは感性です" のつづきです。

感性を高める一番効果的な方法とは "自分ノート" を作ることです。つまり、今の自分の気持ちをノートに正確に正直に書き溜めて行く事です。可能な限り出来ればすべての感じた思いをです。

中には 「自分がどう思ったかなんて気にしてないし、それをノートに書き留めておくなんて面倒だ!」 とか 「基本的に何も思えないからノートなんかに書くことが出来ない」 などなど素直に受け止められない方も多々おりますが、要はその思い自体を書き留めて頂ければ良いのです。

「何も思えないよ―」 と思ったらそれをそのまま書き留めて頂ければ良いので、結局は書く事に困る事はないのです。言葉にならない思いならば 「☆※■○△▽★」 などでもよいでしょう。

気持ちと言うのは、一秒一秒変化しているものです。それも無意識のうちに色々な気持ちをめぐらせています。そこで、敢えて自分の思いと言うものを意識をして、それを言葉のメモとして残しておく事で、思いの確認が出来、しかもそれを振り返る事により "あの時、自分は、こんな事を思っていたんだな" という自分自身では気づかなかった、新たな自分と言うものも改めて発見でき、その思いの発見と確認をすることで自然と感性が豊かになってくるのです。

ただしこれは、自分の生きて行く中での人生観の思いにすぎません。これが、行き過ぎますと "自己中心的" な形の表現の方法でしか外に出せなくなってしまいます。そうなってきますと、自分の歌や話を聞いてくれている人への伝わる気持ちの範囲というものが狭くなってしまい、同時に共感度も低くなってしまいます。そうならないためにも、もっと視野を広げて、感性の幅をより一層広げていかなければならないのです。

そのためには、自分の人生観だけではなく、他の人の人生観を知ることも必要になってくるのです。

つづく・・・

 

最新ブログ一覧へ >

〒453-0013 愛知県名古屋市中村区亀島2丁目6番16号 大升ビル6階
フリーダイアル 0120-77-6213
メールからのご連絡はこちら


(C) Sense & Voice Co.,Ltd. All rights reserved.