ボイストレーニングの教室
ボイストレーニング・スタジオ センス&ボイス
(有限会社センスアンドボイス)
ホーム レッスン 入会費用 生徒の声 Q&A

センス&ボイスのブログ(NO.185)


2015/01/27 呼吸と発声の基本と表現力

 

歌っている時に胸式の声が混じれば表現力がダメになる。

呼吸が安定していなければ感情表現も、伝えるも出来なくなる。

しっかりとした呼吸や発声が出来ていることで、表現力という部分で、どう表現したら良いのかが歌う時の課題となります。

表現はその人自身の経験や考え方の中から出てくるものなので、それを即座に個性として認識してしまって良いものなのか。

プロの歌い手さんの中にも "個性" という事で、実は "クセ" の歌い方をしているため、基本がおろそかになってしまっている人もいる。

基本がおろそかになると、呼吸と発声が上手くできなくなる。

その結果、歌う時にムリが発生してしまい、逆に表現力が狭くなってしまう。

表現力が狭くなり、クセの範囲内で歌っていればクセが表に出て、どの歌も同じ歌・表現になってしまう。

それを個性と見るべきか、それともクセと見るべきかは、人それぞれであるが、一番大切な基本を忘れてしまっては、それはクセの歌い方である。

表現が個性となるように、基本をしっかりと身につけたい。

 

最新ブログ一覧へ >

〒453-0013 愛知県名古屋市中村区亀島2丁目6番16号 大升ビル6階
フリーダイアル 0120-77-6213
メールからのご連絡はこちら


(C) Sense & Voice Co.,Ltd. All rights reserved.