ホーム レッスン 費用 生徒の声 Q&A 新着情報 アクセス

歌唱風景

日本の歌的シーンについて


 

アクセントのある歌を

日本での一般的な歌のシーンは張り上げることが多い。

 例えば民謡・軍歌・寮歌・小学校幼稚園での歌・一般の人のカラオケでの歌い方はどうだろうか。

 

◎ 民謡について

 民謡は素朴な民謡と張り上げ民謡とがあります。

 本来の民謡は労働歌で素朴な歌であったと言われています。

 張り上げ民謡の発生はお上への反抗から発生したという説があります。

 即ち厳しい年貢の取り立てに対して替え歌などで反抗します。

 それに対してお上からの圧迫の欲求不満が張り上げ民謡の発生であるとの説もあります。

 張り上げイコール大声で歌うことです。

 

◎ 半世紀前の軍歌について

 日本が軍国主義であった頃「士気を鼓舞するために歌わせた」という言葉で残っています。

 大きな声で歌うというシーンです。

 

◎ 寮歌について

 寮歌というのは旧制高校の学生寮の校歌みたいなものです。

 ここには「青春を謳歌するために蛮声を張り上げて歌う」という言葉で残っています。

 

◎ 幼稚園や小学校歌について

 「サア皆さん歌いましょう」といった後「大きな声で元気良く」という一言余分な言葉があります。

 幼稚園や小学校でよく見るシーンです。

 この指導のために発声だけでなく、呼吸も胸式呼吸になってしまう原因になっています。

 

◎ カラオケでの歌について

 カラオケへ行く目的を「ストレス発散のため」という人たちがいます。この場合は叫び・大声が目的になります。

 

◎ まとめ

 このように日本の歌的シーンは大声で張り上げることが歌うということであると自然に伝わっています。

 正しい呼吸・発声でアクセントも感じて歌うことの大切さを身につけたいです。

 

◎ 日本人の表現について

 リズムに乗って歌うことを日本では「フザケル」という言葉で悪く言うことがあります。

 朝鮮半島から中国大陸にかけては、葬儀の時に親族は大きく泣かなければいけないと言われているということです。

 しかし日本では「あの奥さんは涙ひとつ見せないでいた」と褒め言葉になっています。

 これは「人前で感情をオーバーに出すことは、はしたない」という日本的倫理観があるからだと思われます。

 音楽は大きく表現したいものです。

 

日本語の特徴に伴う呼吸と発声

日本語の歌の母音の特徴と子音との関係

 


(C) Sense & Voice Co.,Ltd. All rights reserved.